ブランド事業

Shuttle notes

SNMC.jpg
shuttlenotes_image.png
next_b.png

-- 古典的なシャトル織機でつくられる音の影響を受けて --

1948年に織布工場としてスタートした Shuttle notes は、ハイクオリティな生地とテクニカルなアパレル製品で伝説を築いていく。

そのために最新のテクノロジーと革新を伝統的な日本のクラフトマンシップによって合体させ、独特のスタイルを持ったブランド

 『Shuttle notes シャトルノーツ』 を現代に誕生させました。

BasShu

BasShu_rogo.jpg
BasShu_img.jpg
next_b.png

播州織りのシャンブレーシャツとの出会いから始まったBasShu 私たちは「産地」=「品質」にこだわります。

タオルは今治、ブランケットは泉大津、デニムは児島、い草は筑後でつくるようになりました。これは品質を追い求めた結果です。

播州織りの風合いが西脇の豊富な軟水と経験豊かな職人の技術によってしか生まれないように、

生地の質を追求していくと、その場所である必然にたどり着くのです。

10年、30年という長い時を経ながら、使い手の歩みともに風合いを重ねていく製品―。

そんな未来を見据え、私たちは日々ものづくりに向き合っています。

UNBROKEN

UNBROKEN_rogo.jpg
UNBROKEN_img.jpg
next_b.png

“STRAY ORCHESTRA”
 

ハイエンドな視点とジャンクな思考をコンセプトにデザイン。

OUPS  

TM

OUPS_rogo.jpg
OUPS_image.jpg
next_b.png

『うれしい!たのしい!大好き!』をコンセプトにした日本のブランドです。

もらって嬉しい、
楽しくて自分でも欲しくなる、
大好きな人にプレゼントしたくなる。

​ワクワクする商品をお届けします。

Bokétto

Boketto_rogo.jpg
Boketto_img.png
next_b.png

移り変わる時代の流れ、錯綜する情報の多さ、時間に追われて忙しく過ごす日々。

カタチに出来ない事にとらわれがちな日常。

『 ぼけっと 』する。

なにも特別なことを考えず、ぼんやり遠くを見ている時の気持ち。

このような状態にすら名前をあたえる日本人の気質は素晴らしい。

あてもなく心さまよわせるひとときを尊ぶ。

日々の一瞬を大切に過ごし、言葉に表せない想いや感情をカタチにするブランド。

fabric - store

fabric store.png
fabric store_image.png
next_b.png

-- 綿素材を中心とする自社布地 Shuttle notes を扱うお店 --
植山グループは、1948年に先染め産地である播州地方において、織布業として創業致しました。

原料からこだわり、独自の素材(原料)の開発を行い、グループ内で生地の企画・製造・販売など幅広く事業展開しております。
その一環として、自社でストックしている商品の一部を通信販売して
います。

@ 2020 UEYAMA TEXTILE INC. All Rights Reserved.